太陽光発電の全量買取制度とは?

全量買取制度のポイントとは?

返ってくる

弊社の精密シミュレーションでは以下のような試算となっています。

例

※弊社のシミュレーションは固定資産税やメンテナンス費、機器交換費、発電量低下などのランニングコストも 試算に入れておりますので非常に精密な値となっています。

全量買取制度の仕組み

全量買取制度とは、再生可能エネルギー(太陽光・風力・バイオマス・地熱など)による発電を普及する狙いで、一定期間固定価格にて電力会社の買取を義務付けた制度です。

2012年7月1日より開始され、固定価格買取のためにかかる費用は、使用電力量に比例する割賦金を全国民が負担することで成り立っております。

現在(2015年4月現在)、電力会社からの買電価格は約20円前後ですが、本制度を活用し、再生可能エネルギーによる電力の売電価格は27円となっております。

ビフォーアフター

従来の再生可能エネルギー固定価格買取制度(余剰買取制度)では、売電収入による投資回収は現実的に厳しいとされていました。

現行の制度に改正されてからは約10年~での投資回収が可能になるうえ、グリーン投資減税という優遇税制の活用により売電収入だけでなく、節税対策としても注目されています。

グラフ

お問い合せ

施工エリア

中部地方
愛知県|岐阜県|三重県|静岡県|長野県
北陸地方
石川県|富山県|福井県|新潟県
近畿地方
大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|和歌山県|奈良県
関東地方
東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|茨城県|栃木県|群馬県
四国地方
徳島県|香川県|愛媛県|高知県
その他
その他施工エリアに関しても対応可能ですので別途ご相談ください。(北海道、沖縄等も対応可能)
» ご相談はこちら
  • スタッフブログ
  • 無料現場調査
  • 御社の屋根は?
  • しあわせソーラー
  • 野田建設