メリット

産業用太陽光発電のメリットって?

メリット

ナニメーション

節税効果(中小企業経営強化税制の活用)

■ 例:経常利益3,000万円で1,600万円の太陽光発電を導入する場合 ■

節税効果:税制を活用せず太陽光を導入した場合(通常償却、法人税率23.2%で試算)

太陽光を導入しなかった場合
経常利益3,000万円×法人税率23.2%=696万円
支払う法人税 : 696万円
太陽光を導入した場合
経常利益3,000万円-太陽光導入費94万円=2,906万円
(定額法、耐用年数17年で試算)

2,906万円×法人税率23.2%=674万円
支払う法人税 : 674万円
節税金額
696万円 ー 674万円 = 22万円

節税効果:初年度100%即時償却を活用した場合(法人税率23.2%で試算)

太陽光を導入しなかった場合
経常利益3,000万円×法人税率23.2%=696万円
支払う法人税 : 696万円
太陽光を導入した場合
経常利益3,000万円-太陽光導入費1,600万円=1,400万円
1,400万円×法人税率23.2%=324.8万円
支払う法人税 : 324.8万円
節税金額
696万円 ー 324.8万円 = 371.2万円

節税効果:初年度100%即時償却を活用した場合(法人税率23.2%で試算)

太陽光を導入しなかった場合
経常利益3,000万円×法人税率23.2%=696万円
支払う法人税 : 696万円
太陽光を導入した場合
経常利益3,000万円×法人税率23.2%=696万円
控除額:1,600万円×10%=160万円
支払う法人税 : 696万円ー160万円=536万円
節税金額
160万円の税金が丸々お得に!

環境貢献

太陽光発電システムは発電の際に温室効果ガスを排出しない非常にクリーンな発電設備となっています。
環境・社会貢献としてアピールできる 魅力的な設備です。
仮に50kWシステムの太陽光発電設備を導入すると、火力発電に比べ年間30,200kgの削減が可能です。

■ 50kWシステム導入で ■

杉の木

CSR向上(企業イメージアップ戦略としての太陽光)

太陽光発電設備の設置で得られるものの一つとして、企業イメージアップ効果がありま す。
2011年の大震災以降、電力不足問題が叫ばれ、人々の関心はさらに高まっており、多くの企業が導入を始めています。

■ CSR企業導入事例 ■

    • ア・ドリームア・ドリーム
  • ウエルライフガーデンウエルライフガーデン
    • 野田産業野田産業

防災の観点からみる太陽光

太陽光発電には非常用電源がついていますので、災害時など電力会社からの電力供給が停止した際などにテレビ・ラジオ・ケータイなどを用いた情報収集や、冷蔵庫・湯沸かし器などに使用することが可能です。
2011年の大震災においても人々の役に立ったという声も多く聞かれており、防災の観点からも注目されています。

■ 非常時に必要な電力をまかなえます ■

家電製品

お問い合せ

施工エリア

中部地方
愛知県|岐阜県|三重県|静岡県|長野県
北陸地方
石川県|富山県|福井県|新潟県
近畿地方
大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|和歌山県|奈良県
関東地方
東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|茨城県|栃木県|群馬県
四国地方
徳島県|香川県|愛媛県|高知県
その他
その他施工エリアに関しても対応可能ですので別途ご相談ください。(北海道、沖縄等も対応可能)
» ご相談はこちら
  • スタッフブログ
  • 無料現場調査
  • 御社の屋根は?
  • 家庭用太陽光発電
  • しあわせソーラー
  • 野田建設